【Laravel チュートリアル】 タスク管理アプリ開発:プロジェクト作成

icon by Icons8

PHPのフレームワークLaravelのチュートリアルとして、タスク管理アプリを開発する手順をまとめていきます。Gitを使ったバージョン管理も行なっていきます。

前提条件

プロジェクトを作成

以下のコマンドをターミナルで実行してください。

# 自分のパソコンの中でアプリケーションを作りたい場所に移動してください
# 今回はデスクトップへ移動します
$ cd ~/Desktop/

# 「taskapp」という名前のプロジェクトを作成
$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel taskapp

デスクトップに 「taskapp」という名前のフォルダが作成されていることを確認しましょう🙌

アプリケーションを実行し、動作確認

# taskappフォルダへ移動
$ cd taskapp/

# サーバを起動
$ php artisan serve

サーバを起動するとLaravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>と表示されます。Webブラウザからhttp://127.0.0.1:8000にアクセスしてみましょう。Laravelのトップページが表示されれば、ちゃんと動いています🙌

※サーバーを停止する際は、ターミナルでCtrlキー+「C」キーを押してください。

Git管理を行う

# gitの初期設定を行う
$ git init

# リモートリポジトリ(Githubのリポジトリ)と接続
$ git remote add origin git@github.com:<Githubのユーザ名>/<Githubのリポジトリ名>.git

# 例えば
# Githubのユーザ名:taro
# Githubのリポジトリ名:taskapp
$ git remote add origin git@github.com:taro/taskapp.git

# リモートリポジトリと接続できているか確認
$ git remote -v
  • origin git@github.com:<Githubのユーザ名>/<Githubのリポジトリ名>.git (fetch)
  • origin git@github.com:<Githubのユーザ名>/<Githubのリポジトリ名>.git (push)
    と、表示されればOKです🙌

リモートリポジトリへ初めてのプッシュ

# ワークツリー->インデックスへ更新履歴の登録
$ git add .

# インデックス->ローカルリポジトリへの更新履歴の登録
$ git commit -m "git init"

# ローカルリポジトリ->リモートリポジトリへの更新履歴の登録
$ git push origin HEAD

Githubのリポジトリページが以下のようになればOKです🙌(taskappというリポジトリ名にしています)

Github_top.png

終了🙌

プロジェクトの作成は完了です。次回はデータベースの設定をしていきます。