【Laravel チュートリアル】タスク管理アプリ開発:rootURLの修正

icon by Icons8

PHPのフレームワークLaravelのチュートリアルとして、タスク管理アプリを開発する手順をまとめていきます。Gitを使ったバージョン管理も行なっていきます。

今回はControllerファイルを作成し、ブラウザでroot URLにアクセスしたときの表示を変更します。

Controllerを作成します。

ターミナルで以下のコマンドを入力してください。

# 「TasksController」という名前のController作成
$ php artisan make:controller TasksController

app/Http/Controllers配下にTasksController.phpというファイルが作成されていることが確認できればOKです🙌
次は作成したTasksController.phpの中身を修正していきます。

Controllerを修正します。

作成したTasksControllerを以下のように修正してください。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class TasksController extends Controller
{
    // index()というメソッドを記述します。
    public function index()
    {
        // index()メソッドの中身を記述します。
        // tasksフォルダにあるindex.blade.phpファイルをレスポンスとして返します。
        return view('tasks.index');
    }
}

index()メソッドが実行されると、tasksフォルダにあるindex.blade.phpファイルをレスポンスとして返るようになりました。次はtasksフォルダにあるindex.blade.phpファイルを作成します。

Viewを作成します。

resources/views配下にtasksというフォルダを作成し、その中にindex.blade.phpというファイルを作成してください。Viewがブラウザに表示される画面になります。
bladeというのはLaravelのテンプレートエンジンです。開発を進める中でテンプレートを利用し、同じコードを重複して記述するのを避けることができます。

作成したindex.blade.phpを以下のように修正してください

<h1>Hello, Laravel</h1>

次はroot URL「/」にアクセスした時に、TasksControllerindex()が実行されるようにRoutingを修正します。

Routingを修正します。

routes/web.phpファイルを開いてください。そのファイルを以下のように修正してください。

// すでに存在するRoute::get()は削除し、新しく以下を追加してください
Route::get('/', 'TasksController@index');

これで、root URL「/」にアクセスした時に、TasksControllerindex()が実行されます。

画面が表示されるまでの流れを確認

  1. root URL「/」にアクセス
  2. TasksControllerindex()が実行される
  3. tasksフォルダにあるindex.blade.phpファイルをレスポンスとして返す
  4. 画面が表示される

サーバを起動し、localhostへアクセスしよう

ターミナルで以下のコマンドを入力してください。

# サーバを起動する
$ php artisan serve

http://127.0.0.1:8000 にアクセスしてください。tasksフォルダにあるindex.blade.phpファイルに記述した「Hello, Laravel」という文字が表示されていればOKです🙌

終了👍

git status コマンドで修正されたファイルが表示されているかを確認してください。

git addgit commitを実行してローカルリポジトリに登録し
git pushでリモートリポジトリへ更新履歴を登録してください。